Lets`ルームシェア

鍵

ルームシェアの部屋が決まり、鍵を受け取ると何だかウキウキしますね♪ルームメイト人数分の家の合鍵を作りましょう。鍵は防犯上大切なものなので、一人ひとりが丁寧に扱いたいものです。ここでは防犯の面も含め、鍵について見ていくことにしましょう。くれぐれも、なくさないように注意してください。

家の鍵

家の鍵は、通常タイプとオートロックがあります。それぞれ、扱いには十分気をつけましょう。

オートロック

最近のマンションなどは、オートロックが増えています。オートロックは女性同士でルームシェアするときに安心ですが、うっかり鍵を忘れて外出してしまった際に、中に入れなくなってしまうという心配があります。そんなとき、必ずしもルームメイトが家にいるとは限りません。電話をして早く帰ってきてもらうなどの対策をとりましょう。

通常タイプ

ドア

普通の鍵はオートロックに比べ、もし持たずに外出してしまい、仮に家に誰もいなかったとしても中に入ることができます。鍵をかけ忘れているので、家のドアは開いていることになります。ただ、この失敗をすると空き巣など防犯面での心配があるので、やっぱり家の鍵は忘れずに持ち歩くに越したことはありません。忘れやすい人はダイヤル式の錠前にするといいですよ。

部屋の鍵

ルームメイト

個々の部屋の鍵ですが、もともと鍵付きの部屋というのはそうあるものではありません。ルームシェアが居住スタイルとして、浸透している欧米ではもとから鍵が付いていない部屋にわざわざ鍵を付けることはしません。日本人は、完全なプライベート空間がほしいという意識の強い人も多いでしょう。とはいえ、国内でも鍵付きの部屋は少ないです。その物件にもよりますが多くの場合、勝手に部屋の鍵を付けることは許可されていません。留守のときは勝手に他人の部屋に入らない…これは暗黙の了解ですが、そのへんも改めてルームメイトと確認しあうといいでしょう。留守にするときは一声かける、メモに残すなど自分が部屋にいないことを相手に知らせておく工夫が必要です。なかには、留守の合図として部屋のドアを全開(または半開き)にする人もいます。“いる・いない”をお互いにちゃんと伝え合いましょう。

防犯のために

ルームメイトは各自、家の鍵と、もしあれば個々の部屋の鍵を2個ずつ持ちます。一つは普段使うため、もう一つはスペアーキーとして。いくら信頼しているルームメイトでも、所詮は赤の他人です。自分が留守のあいだに、お金などを取られないか不安に思うこともあるでしょう。ふと気付いたら、あるはずのスペアーキーが無くなっていた…なんてもともあるかもしれません。なので、自分の部屋には大金や貴重品を置かないのが得策ですね。

また、家全体の防犯としてはルームシェアの場合、一人じゃないという点で心強いのではないでしょうか。男性が入っているなら、より外部に対する安心感は高まりますよね。いまどきのルームシェアは、よく女性2人に男性1人などの形態を見かけます。これも、防犯には向いている構成だと思います。女性だけで住んでいるより、はるかに安心・安全度がアップします。ただし、おかしな考え抜きで、お互いの利益のためと割り切って住んでくれる人を探しましょう。このほか、女性だけで住む場合は、防犯カメラを設置するのも一つの手です。

鍵の返却

ルームシェアを解消することになったときや、誰か一人が出て行くことになったときなどは、鍵を管理人または大家さんに返却します。ケンカをして出ていくような場合、合鍵を返さずにそれを使って悪さをすることも考えられます。そんなときは錠前を取り替えてしまうのが一番いいのですが、大勢でルームシェアしていると出ていく都度、交換するのは大変です。なので「家の鍵」の項目でも触れたように、番号設定ができるダイヤル式の錠前を取り付けることをおすすめします。

基礎知識のカテゴリーへ
準備のカテゴリーへ
入居・生活のカテゴリーへ
こんなとき・・・とうする?のカテゴリーへ
雑学のカテゴリーへ
ルームシェアQ&A詳細ページへ