Lets`ルームシェア

ルームシェアを解消するとき

何らかの事情でルームシェアを解消せざるを得なくなることもあるでしょう。退去に向けて、しなければならないことが色々あります。ここでは、部屋を退去するときにやるべきことを紹介していきましょう。お互いにすっきりした気持ちでルームシェアをするには、最後まで細かな心配りが必要です。

連絡先の交換

ルームシェアを解消しても、もう一切連絡を取り合わないということではありません。何かのときのため、お互いに連絡先は交換しておきましょう。自分またはルームメイトが退去したあと、電話などがかかってきた際に、新しい住所や電話を教えてもいいのかなどの確認しておくようにしましょう。たとえ、ケンカして出ていくことになったとしても、私情を挟まずに連絡先だけは聞いておくようにしてください。光熱費の請求書などは退去したあとに届くため、連絡先が分からなければ請求できなくなります。

敷金の払い戻し

郵便局

ルームシェアを始めたときに敷金を払ったり、もらったりした場合は、いつ請求書がくるのか、払い戻しはいつになるか、どれぐらい残りそうか…などを、確認しておく必要があります。最終的な金額が分かった時点で、敷金からそれらを引いて、残りを返してもらうのがいいですね。これは、金銭トラブルになりがちなので、お互いが納得のいくように、しっかり確認しましょう。 外国人とルームシェアして、国際電話で料金がかさむことも考えられることから電話用の敷金をもらっていた場合も、その敷金も含めた全部の清算が終わってから返すことになります。郵便為替などで残金を送るのがいい方法ではないでしょうか。郵便為替での送金について、詳しくは郵便局に問い合わせてみてください。

郵便局への転居届

郵便局

もし、ルームシェア解消後の引越先が日本国内ならば、郵便局への転居届を忘れずに出しておきましょう。その転居届を出すまでは、以前の住所に宅配便や手紙などが届いてしまいます。残っているルームメイトが連絡をくれなければ、大事な知らせがいつまでたっても届かない…なんてことも、ないとは限りません。ですが、転居届を出しておけば郵便局のほうで旧住所あての郵便物を1年間無料で、新住所へ転送してくれます。ちなみに、転居届けは、郵便局で手続きすることができるので引っ越しが決まったら、お早めに。

部屋の掃除をする

掃除

退去する際には、部屋をキレイに掃除するのがマナーです。自分かルームメイトのどちらか一方が退去する場合、自分の部屋だけでも掃除するようにしましょう。また、双方が出ていくことになり、ルームシェアを解消する場合は個々の部屋のほかに、共用部分は一緒に掃除してくださいね。家具などを処分するにはお金がかかるので、何も言わずに置いていくのはいけません。欲しい人に譲るなり、自分できちんと処分しましょう。

そのほか、部屋にもう取れないような大きなキズやシミ、汚れなどをつけてしまった場合は、普通の賃貸住宅と同じように元通りにするか、弁償しなくてはいけません。持ち主とシェアしている場合は、直す必要があるか、どう直せばいいかを相談しましょう。賃貸物件でシェアしている場合は、ゆくゆくは残った人が出て行くときに、大家に対して責任を持つことになります。修理費などはいくらかかるか分からないので、ある程度長期で住んでいたなら、修理費用として少し残していくことをおすすめします。

基礎知識のカテゴリーへ
準備のカテゴリーへ
入居・生活のカテゴリーへ
こんなとき・・・とうする?のカテゴリーへ
雑学のカテゴリーへ
ルームシェアQ&A詳細ページへ