Lets`ルームシェア

契約・支払い

ルームシェアの部屋が決まったら契約…と、その前に申し込みをしなければなりません。まずは申し込みをして審査に通れば、契約となります。ここでは、部屋が決まってからの手順を紹介していきましょう。金銭トラブルのないよう、契約内容を確認し、きちんと支払いを済ませてください。

契約の前に

ルームシェア物件が決定したら、すぐにでも契約したいですよね。ですが、その前に申し込みをする必要があります。たいていの不動産会社は、指定の申込用紙を用意しています。その申込用紙に必要事項を記入して、提出してください。そして、この流れで入居審査が行われます。ただ申し込んだからと言って、必ず入居できるとは限りません。入居審査に通って、賃貸借契約を結んだら、晴れて入居できるようになります。

入居審査

ルームシェアができるかどうかの鍵を握る、入居審査です。主にすでに記入してある申込書に基づいて、入居審査が行われます。審査内容は、どのようなものなのでしょうか。だいたい以下のようなことを聞かれるので、準備しておきましょう。

入居者の名前・現住所・電話番号
入居者の勤務先もしくは通学先
連帯保証人の名前・住所・電話番号
連帯保証人の勤務先
連帯保証人との関係

また、連帯保証人に関してですが、身内で今現在働いている者のみと決められています。けれど、保証人が遠くに住んでいるとか、外国籍などの理由で保証人探しが難しい場合は、保証会社を利用することができます。この保証会社は、保証人の役割を代行してくれる会社です。利用の際には、賃貸借契約とはまた別に、保証会社とのあいだで契約を結ばなければなりません。不動産会社経由で保証会社への加入をお願いしたり、保証人を立てられない人を想定して、不動産会社が前もって保証会社を用意している場合もあります。もし保証人になってくれる人がいないときは、できれば物件申し込みの前に、その旨を伝えておきましょう。ちなみに、入居者一人ひとりに連帯保証人が必要になります。

契約

鍵

入居審査完了後、いよいよ契約となります。このときまでに、誰が「契約者」になるのかを決めておきましょう。ルームシェアの場合、誰か一人が「契約者」となって、他の人は全員「入居者」になります。契約者は、貸主(オーナー)と直接契約を結びます。なので、家賃の支払い、退去時の原状回復をしなければいけません。入居者は契約者に、自己負担分の家賃を支払います。

契約の流れとしては、入居審査結果の連絡を受けたあと、契約に必要なものを持って、不動産会社に行きます。そこで重要事項の説明を受け、契約書に記入し、入居後の諸注意を受けます。このとき、不明点や疑問点などがあれば、必ず聞くようにしましょう。分からないまま、入居してしまわないこと!それらは全部解決した時点で、最後に鍵が引き渡しされます。

契約時に必要なもの

認印(契約者・入居者・連帯保証人) 契約者の住民票・身分証明書 入居者と連帯保証人の印鑑証明 連帯保証書(実印押印済み)

支払い

残るは一番重要な、支払いです。もちろん、お金を持っていくことも忘れないでくださいね。1ヶ月分の家賃と敷金、礼金、仲介手数料、保険料を支払う必要があります。契約時に前家賃だけを払い、それから入居までのあいだに残金を支払うことも可能です。いずれにしても入居日までには、これらの支払いと必要書類の提出を済ませておきましょう。 ちなみに、仲介手数料と礼金の違いが分かりますか?この2つの違いがよく分からずに、困っている人も多いと聞きます。簡単に説明すると、仲介した契約成立の報酬として、不動産会社に支払うものになります。一方、礼金は貸主(オーナー)に支払います。このため、貸主(オーナー)から直接部屋を借りる際、仲介手数料は必要ありません。

基礎知識のカテゴリーへ
準備のカテゴリーへ
入居・生活のカテゴリーへ
こんなとき・・・とうする?のカテゴリーへ
雑学のカテゴリーへ
ルームシェアQ&A詳細ページへ